【おすすめ】DVDへのビデオダビングサービス比較(VHS・8mm・ベータ・miniDV等)

Dubbing-services

VHSや8mmビデオからDVDへのデータ化、ダビングにはかなり時間がかかります。数が少なければ自分で作業することもできますが、手間は結構かかります。そもそもすでにビデオデッキがなくて見られない、ダビングできないという方も多いですよね。

そこで検討にあがってくるのが、ビデオテープからDVDへのダビングサービスを行っているショップです。アナログのVHSや8mmをデジタルデータ化してくれます。

自分でDVDダビング作業をやった私が、ダビングサービスを徹底的に調べて比較しました。実際に発注もしています。自分でのダビング作業に力尽きたのです……。

ダビングサービス業者によって、サービス内容には差があります。もちろん料金もです。メリット・デメリットを比較して詳しくご紹介します。また、ビデオテープの内容や状態によっては、自力でやった方がいい場合もありますので、そちらも合わせてご説明します。



DVDダビングサービスのメリット・デメリット

家族の想い出をしっかり記録しようと頑張っていたお父さんお母さんなら、数十本から百本以上になることはざらにあるでしょう。仮に通常1本120分のVHSビデオが50本あったとしたら、それだけで100時間です。

ダビング中はほったらかしでいいとはいえ、かなりの時間をビデオのデータ化作業に割くことになります。他にやることいっぱいありますよね……

自分でやる作業は「コスト」と意識すると、おまかせできるダビングサービスのメリットは大きいです。

ダビングサービスにデータ化を依頼するメリット

ダビングサービスのメリットは以下のとおり。

  1. ビデオテープを送るだけで全部おまかせ
  2. プロによる高品質のダビング
  3. VHS、8ミリビデオ、Hi8、ベータ、miniDVなど様々な種類に対応
  4. チャプターが入る
  5. カビや劣化の補修もしてくれる

まず全部おまかせでやってくれること。宅配便で送れば、ダビングして送り返してくれますので、手間もほとんどありません。VHSや8mmビデオ、ベータなど様々な形式のビデオテープから、DVDへデータ化してくれます。

チャプターが入るDVD-VIDEO形式なのも嬉しいポイントです(激安ダビングサービスは対応していないところがあります)。これ、デジタルデータ化する前は「別にどっちでもいいや」と思うのですが、実際に届くと頭出し出来るのはすごくいいですよ!

また、別料金になりますが、カビや劣化があるビデオテープでも補修してダビングしてくれます。ここはヘタに素人がいじると映像が見られなくなる可能性があるので、プロにまかせたいところです。

DVDダビングサービスのデメリット

ダビングサービス業者に依頼するデメリットは、当然それなりの料金がかかることですね。

しかし上記のとおりこれだけのメリットがあるので、自分でやるよりサクッと依頼してしまった方が早いです。

DVDダビングサービスの比較

ダビングサービスを行うショップは、サービス内容も少しずつ違います。すべてを調べきるのは困難ですので、会社の規模や知名度、料金体系やサービス内容が信頼できそうなショップに絞って比較しました。

実際に発注したところもあります。

ビクターダビングサービス(Victor)

Victorが運営する、ビクターダビングサービスです。品質、価格、納期のバランスが取れています。

日本ビクターはVHSを最初に開発して販売した会社です。現在はJVCケンウッドという会社になっていますね。そのビクターブランドを掲げてダビングサービスを行っており、品質や対応には信頼が持てます。

対応ビデオテープの種類も多く、VHS、S-VHS、VHS-C、S-VHS-C、MiniDV(DVC)、8mmビデオ、Hi8(Video8、Digital8)となっています。

納品DVDの盤面は、シンプルですがVictorデザインラベルになっており、タイトルと日付けの書き込み欄があります。DVDケースも同様のデザインなので、収納時にダビング依頼したDVDだとすぐわかるようになっています。

victor-dvd3

管理用バーコードもシール貼り付けではなく盤面に直接印刷してあるので、ボコッとしません。なにげに嬉しいポイントですね。

カビが生えたテープ、カセットの破損や切れたテープもそのまま送ってOKです。ビクター側で確認して、補修が必要であればその旨連絡してもらえます。別料金がかかりますが、納得できれば補修してからダビングしてくれます。

中身に何が録画されているかわからない状態でも、とりあえず送ってしまって大丈夫。録画されていないテープ分は料金を引いてくれます。また、120分を超える録画テープは1枚のDVDに入りませんので、複数枚のDVDに分けて録画されます。追加DVDの枚数分の料金が別途かかりますが、事前に自分で録画時間を確認しなくても、作業に入る前に確認の連絡をしてくれます。

ダビングの料金は、1本〜5本の場合は1,150円(1本あたり)、以後5本追加ごとに1本あたりの単価が引き下げられ、71本以上だと780円となります。51本以上の申込みでビデオテープお引取りサービスが910円で利用でき、箱や緩衝材を用意せずに依頼できます。51本以上なら引取料も無料になります。

納期はテープ到着後10日〜2週間程度です。

ビクターダビングサービス公式サイトはこちらから。
<ビクターダビングサービス>

フジフイルムモール DVDにダビングサービス

お次は富士フイルムが運営するFUJIFILMビデオテープのダビングサービスです。こちらも大手で安心ですね。

対応する形式は、VHS、S-VHS、VHS-C、SVHS-C、ミニDV、8ミリビデオ、Hi-8です。富士フイルムの特長としては、まずは標準でこのようなインデックス付きのDVDパッケージを作成してくれるところです。

fujifilm4

録画映像から画像を自動抽出して、パッケージにプリントしてくれますので、中に何が入っているのかすぐにわかります。パッケージまで標準でプリントを施してくれるところはめずらしいですね。普通は別途料金がかかります。

最初は、パッケージプリントはあまり必要ないサービスかなと思っていたのですが、実際の仕上がり品をみて考えが変わりました。これ、めっちゃいいです。だいたい無地の場合だと、「思い出1、思い出2」とか、「1985〜1986年」みたいな感じで名前付けることが多いと思うんです笑。これ、中身忘れちゃって結局再生してみるまでわからないんですよね。ケースで中の映像がパッとわかるのは必須と言えるくらい便利ですよ。

ネットから申し込めば、段ボールや発送伝票が送られてきますので、そのままビデオテープを入れるだけという手軽さがあります。カビや破損テープの扱いはビクターと同様、すべておまかせで大丈夫です。

それから、富士フイルムは8mmフィルムからのダビングにも対応しています(8mmビデオではなく8mmフィルムです)。8mmフィルムからのデジタル化を考えている方は、選択肢が非常に少なくなります。

8ミリフィルムの扱いの繊細さや開発の歴史を考えると、ほぼフジフィルム一択です。8ミリフィルムダビングサービスの詳細はこちらです。
8mmフィルムのダビングサービス

ダビングの料金は1本3,121円〜で、1本ごとに細かく料金が変わっていきます、詳しくはフジフイルムモールサイトで簡単にシミュレーションができます。

高めの料金設定ですが、画像インデックス付きのパッケージDVDを作成してもらえますので、ダビングでデータ化されたDVDをそのまま保管できるのがメリットです。

自分でやる作業をほぼなくし、すべておまかせにしたい人向けです。仕上がりも高品質で安心です。

【富士フイルム公式サイトはこちら】
FUJIFILM VHS miniDV 8mmビデオのダビングサービス

実際に注文したフジフイルムモールのレビュー記事です。

VHSからDVDへのダビングに「フジフイルムモールDVDにダビングサービス」を利用しました。注文の仕方、仕上がり、料金、納期などを書きました。メリット、デメリットも含めてレビューします。
フジフイルムモールDVDにダビングサービスの利用レビューです。VHSからDVDへのダビングの仕上がり、実際の映像を紹介します。料金やトラブル対応についても感想を書いています。

DVDダビング専門店ACTAS

大手メーカー運営ではなく、独立系のショップDVD ダビング専門店 ACTASです。1本780円(VHSからDVD)+送料という料金体系のわかりやすさから選びました。また楽天内へ出店されているため、楽天ポイントをお持ちの方は、ポイントを使ってダビング依頼できるのがメリットです。

ダビング可能なビデオテープも、VHS、S-VHS、VHS-C、S-VHS-C、ベータ、MiniDV、8mmビデオ、Hi8(Video8、Digital8)その他ほぼ対応しています。料金体系は違いますが8mmフィルムもOKとなっています。カビによるダビング不可や、カビ除去の追加料金発生時に連絡がもらえる点も、大手同様に安心です。

ラベルデザイン印刷と文字入れは、別料金ですが可能となっています。納期は2〜3週間程度です。

DVD ダビング専門店 ACTAS

想い出ビデオDVDダビング工房



こちらも独立系の格安ダビングショップ想い出ビデオDVDダビング工房です。Web制作などを手がける会社が運営しています。

対応可能ビデオの種類はVHS、S-VHS、VHS-CHi-8、miniDV、8mmビデオ(Video8、Digital8)です。想い出ビデオDVDダビング工房の大きな特長は、納期によって料金が変わる点です。下記のように分かれます。

  • ゆったりプラン 90営業日以内発送 1本435円
  • 通常プラン   30営業日以内発送 1本548円
  • 特急プラン   3営業日以内発送  1本1,078円 (5本まで対応)

※変動価格制となっていて、繁忙期などによって価格が変わります。

ゆったりプランは90営業日なので、実際は4ヶ月以上かかります。しかし、気長に待てるのであれば激安でダビングできます。

ただし、大手と違って対応していないサービスもあります。まずパッケージは無地のままで、DVD盤面にはバーコードシールが貼られ、ボコッとします。シールが気になる方は注意です。また、DVDにチャプターが付きません。

注意点として、ビデオテープの長さが120分なのかそれ以上なのかを、申込時に自分で選んでおく必要があります

3倍録画とかしているビデオテープありますよね。ビデオテープの中身を把握しておらず、すでに再生デッキがないという方には発注が難しい仕様です。

DVD盤面とジャケット印刷ラベルは1本あたり770円プラスとなり、一気に料金が上がります。しかもシールが別途送られてきて、自分で貼る仕様なので、これはかなりしんどいかもですね……。

ラベルやDVD盤面は何でもよく、シンプルにダビングだけでいいという方向けにサービスを削ぎ落として料金を下げている感じですね。

テープの選別作業(120分標準録画か倍速録りか)を事前に行うことができ、納期も気長に待てる方には、ビデオを格安でデータ化できるサービスです。ただし、カビ補修料金が他よりかなり高いのでテープの状態に気をつけてください。綺麗に見えても4割くらいはカビが生えています。私も発注してから指摘されたことがあります。

【想い出ビデオDVDダビング工房】

市販のビデオテープ、テレビ録画したテープのDVDデータ化

市販のビデオテープをDVDにダビングしてくれるお店はありません。

アーティストのビデオや、自宅でテレビ番組を録画したテープなどは、著作権にかかわるため、代行業者であるダビングサービスに依頼することはできないのです。

テレビの録画テープなどのダビングは自力でやりましょう。ダビングの仕方はこちらの記事にまとめました。

VHSからDVDにダビングするおすすめの方法を4つ紹介します。自分でやる方法をいくつかと、ダビングサービスに頼む方法もあります。ビデオテープがいつまでも保存できればいいのですが、収納スペースを圧迫すること以外にも、磁気テープの劣化というやっかいな問題もあります。早めにDVDやパソコンにダビングしてデジタル化してしまいましょう。

ビデオテープのDVDダビングサービス比較まとめ

各ショップの料金やサービスを表にまとめました。VHSビデオテープからDVDにダビングを20本依頼した場合の料金で比較してみます。料金は税込み価格で統一しました。

VHS各社比較 ビクター フジフイルム アクタス 想い出工房
料金(20本) 19,600円 32,685円 13,600円 8,700円
送料無料 6本以上 1万円以上 3,980円以上 5本以上
納期 2週間 6〜35営業日 2〜3週間 90営業日
チャプタ ×
カビ補修(1本) 1,580円 3,080円 1,000円 4,380円
120分超追加DVD 550円/120分 550円/30分 680円/60分 倍の料金

※料金、サービスともに掲載時のものです。
各社とも見積もりフォームが用意されていますので、必ずそちらで正確な料金をご確認ください。

こういうものは一度やってしまえばそれでいいのですが、なかなか腰を上げにくいものです。
が、忘れてはいけないのはビデオテープの劣化です。

特に日本においてはカビの発生確率は非常に高く、ダビングサービスに持ち込まれるビデオテープの実に4割はカビが発生しているテープだそうです。ひどいと修復できない場合もあります。

大切な家族の想い出をなくさないよう、すぐ手持ちのビデオテープのデータ化を。あれこれ考えるのは、データ化してからです。せっかくここまで読んでくださったのだから、今すぐ動きましょう。じゃないとまた数年やらないですよ!(経験談)

フジフイルムモールDVDにダビングサービスの利用レビューです。VHSからDVDへのダビングの仕上がり、実際の映像を紹介します。料金やトラブル対応についても感想を書いています。


シェアする

フォローする