8mmビデオをDVDにダビングする方法4つ!テープのデータ化は急いで

ハンディカム8ミリビデオカメラ

8ミリビデオで撮った家族の映像、そのままになっていないでしょうか。もしお持ちなら一刻も早くビデオテープをデジタル化しないと、カビと劣化で見られなくなります。

いきなり脅かすような言い方ですみません。私はアナログビデオテープのダビング作業を終えたのですが、カビや磁気テープ劣化による切断などが、数本に起こっていました。

クリーニングと補修でなんとかなる範囲だったので良かったですが、ダビングサービス業者の方に聞くと、どうにもならない重度のカビテープが、年々増えているそうです。

ビデオテープの映像は、デジタルデータ化して、DVDやパソコンにダビングしておけばそれ以上劣化しません。とにかく早くコピーしてしまうことが大切です。

そこで、8mmビデオからDVDにダビングする方法を4つまとめました。いずれも私が試して成功したやり方です。

 


ビクターでビデオテープからDVDへダビング!

スポンサーリンク
VHSレスポンシブスマホ

8mmビデオの特徴とダビング方法

8ミリビデオテープ

8mmビデオは、ビデオテープ幅が8ミリの家庭用ビデオ規格です。

Hi8(ハイエイト)やVIDEO8(ビデオエイト)などの名前で呼ばれ、VHSよりもテープが小さくて済むので、ハンディカムと合わせて普及しました。

Wikipediaによると1985年にソニーが初の8ミリビデオカメラを発売。以降2000年ごろまで使われていました。その後はMiniDVが主流となっていきます。もうほんと懐かしいですね。

そんな8ミリビデオのダビング方法として、まず大きく2つにわけると、自分でやるのか業者に依頼するのかになります。

そして、自分でやる場合、パソコンを使うのかどうかという選択肢があります。

  • 【自力】パソコンなしでダビングする
  • 【自力】パソコンを使ってダビングする
  • 【業者】ダビングサービスに依頼する

パソコンに関しては、持っていない、または操作が難しいから使わずにダビングしたいという場合と、パソコン上でデータの管理を一本化したいという場合があるので、どちらが良いとは言えません。

8mmダビングのメリット・デメリットを比較

8mmビデオダビングのやり方について、メリットとデメリットを比較すると、このようになります。

メリットデメリット
(自分で)
PCなし
・本数が多くても費用が一定
・パソコンの知識不要
・操作が簡単
・機材費用がかかる(3万〜5万円程度)
・設定に加え、映像分の作業時間がかかる
(自分で)
PCあり
・本数が多くても費用が一定
・パソコン上でデータを管理できる
・パソコン本体費用
・機材費用がかかる(3万円程度)
・パソコンの設定や接続に知識が必要
・設定に加え、映像分の作業時間がかかる
業者に依頼・全部おまかせできる
・プロの仕事で高品質
・カビ取り、テープ補修などあり(別料金)
・料金がかかる(ざっくり1本千円)

自分でやるのになんで3万円もかかるんだと思いますよね。中古品のビデオデッキが高いんです。なので、ビデオテープが1〜2本しかないならダビングサービスに依頼した方がいいです。機材を揃える方が高い。

でも、あまりにも本数が多い場合も、自分でやらない方がいいです。私は10本を超えたあたりでさじを投げました……。時間かかりすぎてやってられません。この先たいして見ない映像ですし、ものすごく時間を無駄にしている気持ちになります。いや、大事な想い出なんですけども。。

さておき、この記事では自分でダビングする方法3つと、ダビングサービスへの依頼について1つをご紹介します。

やり方を迷っている方はこのまま順番に読み進めてください。さほど長い記事ではないですが、決まっている方は下記をタップ、クリックするとページ内の説明箇所に飛びます。

8mmビデオダビングのやり方(自分で)

8ミリビデオからDVDにダビング

自力で8ミリビデオをダビングする方法3つをご紹介します。

なお、どの方法でも最優先は8ミリビデオカメラ、もしくはビデオデッキの確保です。

こちらの記事にVHSビデオデッキ生産終了について書きました。同様に8ミリビデオカメラもすでに生産が終了していて、中古しか手に入りません。しかも値段が高くなっています。

国内で唯一VHSビデオデッキを生産していた船井電機が、ビデオデッキの生産を終了しました。 昔の映像を観たいと思ったり、DVDやパソコン...

記事に入手方法も詳しく記していますが、Amazonで中古を買うのが一番楽でしょう。ダビング作業が終われば、売ることもできます。

8mmビデオデッキの価格
8mmビデオカメラの価格

再生用のデッキの確保ができない、もしくは故障した場合の自力修理に自信がないなら、素直にダビングサービスに依頼した方がいいです。作業時間も含めて、結局安上がりです。

1,パソコンなしでダビングする方法

パソコンを使わずダビングするなら、再生用8ミリビデオデッキ(ビデオカメラ)と録画用のDVD・BDレコーダーを使います。接続してやれば録画できます。

用意するものは、

  • 再生機:ビデオデッキ、8mmビデオカメラなど
  • 録画機:DVDレコーダー、ブルーレイレコーダーなど
  • 映像・音声コード(赤白黄のRCAケーブルです)
  • 録画用DVD-R、BR-Rなどのメディア

です。

DVDはなんでもいいですが、激安品は不良品率が高く、何枚かに1枚は正常にコピーできていないことがあります。

このあたりが妥当ですかね。

なお、DVD-Rは一回限りのコピー、DVD-RWは上書きができます。写真フィルム(1回焼き付け)とビデオテープ(繰り返し録画)の違いみたいなものだと思ってください。

赤白黄のRCAケーブルとは、映像と音声を入出力するケーブルで、こんなやつです。

赤白黄のコードのうち、黄色が映像で、赤白が音声です。

テレビに映しながらダビングする場合は、録画用デッキからテレビに出力してください。「外部入力」などにチャンネルを合わせれば映ります。普段からテレビ録画しているなら、たいていHDMIなどですでに繋がっていると思います。

詳しい手順はこちらの記事にあります。VHSを8ミリビデオに読み替えてもらえれば、そのまま使えます。

VHSからDVDにダビングするおすすめの方法を4つ紹介します。自分でやる方法をいくつかと、ダビングサービスに頼む方法もあります。ビデオテープがいつまでも保存できればいいのですが、収納スペースを圧迫すること以外にも、磁気テープの劣化というやっかいな問題もあります。早めにDVDやパソコンにダビングしてデジタル化してしまいましょう。

2,パソコンもテレビもなしでダビングする方法

gv-vcbox

パソコン、テレビを使わずにダビングする方法は、ビデオキャプチャー「アナ録」を使うやり方です。

8mmビデオ再生機と繋ぐだけでダビングできます。パソコンもテレビもいりません。機械に弱いおじいちゃんおばあちゃんでも、すごく簡単に操作できます。

用意するものは、

  • 再生機:ビデオデッキ、8mmビデオカメラなど
  • GV-VCBOX「アナ録」
  • 映像・音声コード(赤白黄のRCAケーブルです)
  • 録画用のSDカード

です。

本体にモニタが付いているGV-VCBOXがおすすめですが、モニタなしで価格が安いGV-SDRECなどもあります。

GV-VCBOX(おすすめ)
GV-HDREC
GV-SDREC

アナ録シリーズの比較とGV-VCBOXの使い方はこちらの記事に書きました。

アナ録 GV-VCBOXビデオキャプチャーBOXはVHSビデオテープなどのアナログ映像をSDカードにダビングできるビデオキャプチャです。...

 

なお、SDカードは4GBのものが付属していますが、容量がぜんぜん足りません。1時間ちょっとの映像でいっぱいになります。ほぼ動作確認用です。別途SDカードを購入しておきましょう。

ビデオテープの管理のように、1映像につき1枚で管理していくのか、なるべく複数の映像を1枚にまとめるのかは性格次第ですね。まあまとめた方が安いですが。

パソコンにダビングする方法

GV-USB2photo

8ミリビデオの映像をパソコンにダビングするには、コード型ビデオキャプチャーGV-USB2「アナレコ」を使います。

GV-USB2「アナレコ」

先ほどご紹介したGV-VCBOXからモニタとSDカードスロットを取っ払い、ただの変換コードにしたものです。パソコンがモニタと録画機を兼ねますから、その分キャプチャーの価格が安いです。

用意するものは、

  • 再生機:ビデオデッキ、8mmビデオカメラなど
  • GV-USB2「アナレコ」
  • 映像・音声コード(赤白黄のRCAケーブルです)
  • 録画用のSDカード

です。

GV-USBの使い方は、実際のコピー手順も含めてこちらの記事に詳しく書いています。

VHSビデオテープのデジタル化にはいくつかやり方があります。方法の1つは、パソコンにダビングしてデータ化することです。 ですが、単純に...

この方法のメリットは、安くできること、テレビを使わないこと、パソコンでデータが管理しやすいことです。スマホに持ち出して、子どものころや若かりし日の映像を人に見せたりできます。

デメリットは、そこそこパソコンに慣れていないと、つまずいた時に対処できなくなることですね。

「マニュアル通りにやったのに、同じように動かない」ということは、パソコンをいじっているとよくあります。一定の動作をする家電とは違いますから。

8mmダビングを業者に依頼する

ぶっちゃけ、アナログビデオテープからのダビング方法を念入りに調べて、ここが分からない、こっちの方がいいかな?とかやってる間に、ダビングサービスに依頼してしまった方が早いです。

依頼にお金はかかりますが、あれこれ調べる時間、機材を揃えるお金、作業時間(ここがデカすぎる)、失敗のリスクを考えると、専門家がやってくれるダビングサービスの料金は安いです。私は全部の方法を試したので断言できます。

各ダビング業者の比較はこちらのダビングサービス比較記事をご覧ください。VHSのダビングサービス比較ですが、各社8ミリビデオも対応しています。

VHSや8ミリビデオからDVDへのダビングサービスを比較しました。料金、ビデオの種類、納期、仕上がり、各社の特長を記事にしています。コピーガードの有無や、著作権などによりデジタルデータ化できないビデオについても説明しています。

会社によって基本料金があったり、オプションがあったりしますが、見積もりフォームがちゃんとあるので、本数を入れてみてください。ざっくり1本当たり800円〜1000円程度ですかね。

んで、カビがはえたテープはほぼ存在すると考えていいです。問題なさそうでも内部がカビてたりします。なので、カビ補修料金が高いところは避けましょう。基本料が安くても上乗せされます。

私がおすすめするダビング方法は?

おすすめは<ビクターダビングサービス>に丸投げすることです。

私はここに書いてあること以外にもいろいろ試して、最後は全部ビクターさんにまかせました。

DVDダビングを依頼していたビクターダビングサービスから、完成したDVDとVHSビデオテープの返却がありましたのでレポートです。 ビク...

古い映像とはいえ、大切な家族の想い出なので、信頼できる大手が安心です。料金も最安ではないですが、安い方ですし。

ここまで読んでくださったということは、ダビングについて真剣に考えているのだと思いますが、あれこれ調べてビデオテープのダビングに詳しくなっても、今後その知識使うことないです!(自虐ネタ)

テープが劣化する前に、さっさと動いちゃってください。ビクターさんなら、何が映っているのか分からないテープでも大丈夫。上のレビューに書きましたが、映っていないテープ分は料金とられません。まとめてぶん投げて大丈夫です笑

ビクターでビデオテープからDVDへダビング!

スポンサーリンク
VHSレスポンシブスマホ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
VHSレスポンシブスマホ