写真とフィルムをスキャンしてデータ化完了!節目写真館がめっちゃよかった

節目写真館の仕上がりDVD

引っ越しを機に、古い写真の整理を行いました。長い間段ボールにつめたままだったんですよね。

片付けようと見始めると、見入ってしまったり、せめていらないものは捨てようと思っても、やっぱり置いておこうと結局元の場所にもどしてしまったり…。みんな同じあるある……ですよね?

でも、プリント写真やネガフィルムは劣化していくので、綺麗なうちにデジタル化しないといいかげんヤバイと思い、やっとスキャンしてデータ化することができました。

利用したのは節目写真館です。

昔の写真だし、普通に写真のデジタル化ができればそれでよかったんですが、無料のオプションがかなり良くて、思わぬ収穫がありました。

もちろん基本のスキャン品質や料金も満足です。節目写真館への依頼について、発注時に気になっていたことから、仕上がりまでレポートします。

節目写真館公式サイト
\実績最多で利用満足度NO.1!写真デジタル化なら‎/

スポンサーリンク
VHSレスポンシブスマホ

節目写真館は写真・フィルムのデジタル化サービス

fushime-main

節目写真館は、プリント写真やネガフィルム、アルバムなどを箱に入れて送ると、すべてスキャンしてデータ化してくれるサービスです。

写真の種類とか数とか、あんまり細かいことを考えず、どさっとまとめて送ってしまっていい、シンプルなサービス。

スキャンされたデータはDVDで送られてきます。コピーガードもかかっていないので、自由に複製・移動ができます。元の写真たちも返却されます。

発注するときは、ざっくり以下の2点を決めてしまえばそれでOKです。

  • 納期が1ヶ月ほどか半年くらいかかってもいいか
  • 画質は標準か高画質か

これをどちらか決めて、写真類を箱にいれて送るだけ。

写真整理のために依頼するのに、発注前に整理が必要だと腰が重くなりますもんね。申込みの簡単さはよく考えられているなと思いました。

納期について

節目写真館のプラン

節目写真館は納期で料金を分けています。

  • ベトナムでスキャン作業を行う節目プラン。納期が最短3.5ヶ月かかりますが、最安でデータ化できます。
  • 大阪でスキャン作業を行うお急ぎプラン。納期が最短3週間。

このほか、特急料金を支払って納期を1週間にする特急プランがあります。

私はお急ぎプランを選びました。別に急いでいるわけではないですし、ベトナムでの作業に不安があったわけでもないです。

納期の長さが気にならない方は、節目プランがいいと思います(※節目プランは1万円以上から使えます)。

プランの詳細はこちらのページに書いてあります。

【節目写真館・納期と画質について】
https://fushime.com/service/

節目写真館で頼める写真の種類

ネガフィルムとAPSとバラの写真

節目写真館では、フイルムやアルバムなどの写真の種類がバラバラでも同時に発注できます。私もいろいろなフィルムやプリント写真を一緒に入れました。写ルンですなどのスリーブと、APSフィルムも混在しています。

  • ネガフィルム
  • バラ写真
  • アルバム
  • ポケットアルバム

アルバムはのり付きの台紙にべったり貼るタイプ、ポケットアルバムは横から差し込むタイプの小冊子タイプのことですね。この他卒業アルバムも大丈夫です。

これらのアルバムやバラ写真、ネガフィルムはごっちゃにして送ってしまってOK。

スキャンされて返ってくるDVDは、こんな感じでフィルムやアルバムごとにフォルダ化してくれています。

節目写真館の返却写真データ

発注時にシールを貼って、スキャン後データのフォルダ指定するやり方もあるのですが、フォルダ名は後から自分で変更できますしね。写真整理するなら、実物を仕分けするより、データ化されてからの方が楽だと思います。

料金は、先方に写真が到着してからきちんと正式に見積もりしてくれます。先にざっくりした金額を見積もりシミュレーションで確認します。私はシミュレーションどおりになりました。

【節目写真館料金シミュレーター】
https://fushime.com/order/simulator/

ポケットアルバムとバラ写真について

ポケットアルバム

ポケットアルバムに写真を入れている場合、そのまま送ることもできますし、ポケットアルバムから出してバラ写真として依頼もできます。

バラ写真は200枚が1セットになります。スタンダードで1980円
ポケットアルバムは1冊50枚までで780円。200枚までなら2480円です。

わざわざ写真をポケットアルバムから出した方がいいのかどうか?は、枚数によりますね。ただ、同じ200枚でも差額は500円なので、取り出す手間を考えたら、それくらい多くかかってもいいと思います。私はそのままポケットアルバムで送りました。

ポケットアルバムのまま送っても、節目写真館のオペレーターが1枚1枚出してスキャンし、元に戻してくれます。これ、めっちゃ大変だと思うんですけど……

もし熱変化で写真がくっついていたりした場合は、そのまま上から撮影してくれます。また、1つのポケットに複数枚入っていた場合は、一番上だけスキャンされます。

万が一、元のポケットに戻す順番が違っていたら、それはすみませんということだそうです。まあ、あまり問題にならないとは思いますが。

遺品整理とかで大量の写真が出てきて、「細かいことはいいから、とにかく早くまとめてスキャンしてくれ〜」って時なんかは、節目写真館のシステムはとても便利ですね。

プレミアムコースかスタンダードコースか

申し込むときに少し迷うのがこちら。プレミアムコースとスタンダードコースの存在です。

節目写真館のスタンダードコースとプレミアムコースの比較

要はスキャンするときの解像度の違いで、高画質標準画質かを選ぶんですが、判断基準はシンプルです。

元の写真以上に大きく見たいかどうかで決めてください。

古い写真の場合は、元々そんなに綺麗な画質じゃないですし、A4サイズなどに引き伸ばすこともそうそうないと思うので、スタンダードの300dpiで十分です。

ですが、元の写真以上に拡大すると、だんだん荒さが目立つようになってきます。

そんな時はプレミアムの600dpiでスキャンしておく方がいいです。(料金は1.5倍〜2倍になります)

私が今回発注した分は、スタンダードの300dpiにしました。主にパソコンとスマホで見ますので、とくに問題ありませんでした。

日常を撮った古い写真を、高解像度で見たいってことはあまりないと思います。

もし比較的キレイな最近の写真や、結婚式などの大切にしたい写真があるなら高解像度のプレミアムコース(600dpi)をおすすめします。引き伸ばして使いたくなるときがあるかもしれませんから。

もう少し詳しい解像度の話

高解像度が必要なシーンというのは以下のような時です。

  • フルHD、4Kなどの高解像度かつ大画面テレビで見たい
  • プロジェクターで大きく上映したい
  • appleのRetinaディスプレイで見たい

要は写真を大きなサイズで見たい場合ですね。 ※RetinaディスプレイはiPhoneにも使われていますが、この場合はパソコン用のモニタの話です

スマホや普通のパソコンモニタの画面程度なら、300dpiで十分です。人の目ではそこまで細かい差異は認識できません。

なお、フィルムの場合はスタンダード300dpiが1200dpi、プレミアム600dpiが2400dpiでスキャンされます。フィルムは元の実物が小さいので、プリント写真より高解像度で読み込みます。

【節目写真館のサービス・料金の詳細はこちら】
https://fushime.com/service/

節目写真館を最大限おトクに利用するには

写真スキャンはわりと大量になりがちなので、お得に利用したいですよね。節目写真館を安く利用するには、まずクーポン&キャンペーンを探しましょう。

クーポン&キャンペーンを探す

といっても簡単です。節目写真館のこちらのページにキャンペーンがまとめてあるのでチェックするだけ。

【節目写真館キャンペーンページ】
https://fushime.com/campaign/

だいたい何らかのクーポン配布かキャンペーンをやっています。

クーポンの場合は、注文画面で忘れずに入力しましょう。

節目写真館のクーポン入力画面

決済はクレジットカードで

支払い方法にクレジットカードが選べます。これはありがたいですね。同じようなスキャンサービスでは、支払いは代引きのみってところが結構あるので。

クレジットカードならオンラインで完結しますし、ポイントも貯まるのでぜひ利用しましょう。

また、節目写真館は「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店なので、2020年6月30日までなら、クレジットカード決済額の5%が減額またはポイント還元されます。

※クレカが使えない場合は銀行振込もあります

無料オプションがすごい!

節目写真館はスキャンサービスの中でもかなり安いところです。

なのに、無料オプションで節目フォトと節目スタンプがついてきます。

Fushimeフォト・・・オンラインストレージ
節目スタンプ・・・写真データのEXIF情報に撮影日を入れてくれる

めちゃくちゃいいサービスなので、どちらも詳しく説明します。

Fushimeフォト

節目フォトクラウドフォトストレージです。

スキャンを依頼した写真が、節目写真館の専用ストレージにアップされます。依頼した写真のみですが、無料で容量無制限です。

fushimeフォトの画面

専用画面に入ると、こんな感じで写真が並びます。これはパソコン画面ですが、スマホで見ることもできます。ちなみにこれは90年代のインドの写真。懐かしいなあ。

ログインIDとパスワードは、自分で設定(あとで設定用メールが届く)できますので、もちろん勝手に他人が見ることはできません。

共有したい相手にリンクを送ることもできるので、おじいちゃんおばあちゃんなど、離れて暮らす家族に見せることも簡単です。SNS投稿もラクにできますよ。

節目フォトのできごと画面

あと、節目フォトには「できごと」って項目があるのですが、タップすると各年代の懐かしいニュースが出てきます。写真は1996(平成8)年のできごと。太陽党とか在ペルー日本大使公邸占拠事件とか、ありましたね。

まあ今は無料のGoogleフォトなどがあるので、そちらで写真管理されている方も多いと思いますが、サービスとして自動でついてくるのはとてもありがたいですね。

それに、必要なくても万が一のバックアップになります。

節目フォトのメリット

・クラウド上に写真がアップされ、共有が簡単にできる
・紛失や火事などに備えたバックアップになる

節目スタンプ

節目スタンプは、デジタル化した写真のEXIF(イグジフ)情報に当時の日付を入れてくれるサービスです。

これにより、写真整理アプリやおもいでばこなどで、年代や日付ごとに整理できるようになります。

節目スタンプのメリット

・写真が年代や日付ごとに整理できる

これかなり凄いサービスだと思うんですよ。ちょっと自分でEXIF入力やったことあるんですが、数が多いとめっちゃ手間かかりまっせ……

もちろん写真の隅っこに撮影日が印字されている写真限定ですけど、日付が入らなかった写真も、後から自分で入力していけます。

でもほんとありがたいサービス。

【節目スタンプのルールについて】
https://fushime.com/lp/stamp/

EXIF(イグジフ)情報のもう少し詳しい説明

デジカメやスマホで撮った写真にはEXIF情報といって、撮影日やカメラ機種、場所などが記録されています。

写真整理アプリなどが、写真を自動で分類してくれるのはEXIF情報のおかげです。

プリント写真やフィルムからスキャンした場合、通常はデジタル化した日が基準になります。

たとえば1970年1月1日に撮影した写真を、2020年2月2日にスキャンした場合、写真整理アプリ上の分類は2020年2月2日になってしまいます。

これが、写真のEXIF情報に撮影日の1970年1月1日が記載されることで、きっちり撮影した日付で分類されるようになるのです。

EXIF情報は、Windowsなら「写真を右クリック→プロパティ→詳細タブ」。Macは「プレビューで開く→ツール→インスペクタを表示」で確認できます。

写真のデジタル化は早めに

プリント写真もネガフィルムもどんどん劣化していきます。

私は写真のほか、ビデオテープもほとんどデジタル化して、ハードディスクとクラウドで管理しています。紙焼き写真は、それはそれで味があるので、すべてを捨ててはいないのですが、さほど重要ではないフィルムなどは処分してすっきりしました。

それに、長く保存したり、他人と共有するのは、データにしておいた方が便利ですもんね。写真の楽しみ方も変わっています。

私は、最初は自分でスキャンの方法を調べ、自力でデータ化していたのですが、数が多すぎて諦めました……。専門のスキャンサービスに依頼した方がいいです。

節目写真館は、しっかりスキャンしてくれますし、オプションも充実しています。手順も簡単なので、写真が傷んでしまう前に、デジタル化してしまいましょう。

節目写真館
\実績最多で利用満足度NO.1!写真デジタル化なら‎/

 

VHSからDVDにダビングするおすすめの方法を4つ紹介します。自分でやる方法をいくつかと、ダビングサービスに頼む方法もあります。ビデオテープがいつまでも保存できればいいのですが、収納スペースを圧迫すること以外にも、磁気テープの劣化というやっかいな問題もあります。早めにDVDやパソコンにダビングしてデジタル化してしまいましょう。
スポンサーリンク
VHSレスポンシブスマホ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
VHSレスポンシブスマホ