ビクターダビングサービスへビデオダビングを依頼してみた

videopack

VHSからDVDへのダビング作業をGV-USB2ビデオキャプチャを使っておこなっていましたが、量が多くて大変なので、ビクターダビングサービスに依頼することにしました。

手順はビデオテープを箱につめて送るだけなので簡単です。ビクターダビングサービスを選んだ理由と発注のやり方をご説明します。

スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC

ビクターダビングサービスを選んだ理由

victordubbingservice
Photo by:<ビクターダビングサービス>

ビデオダビングサービスを行う事業者はほかにもありますが、ビクターダビングサービスを選んだのは下記の理由です。

・大手であり、VHSビデオテープの開発元。

・カビやテープ切れの補修料金を明記。追加料金がかかる作業は、必ず許諾を得てから。

・機能や年代ごとに合うビデオデッキを用意。状態が悪いテープも調整により再生可能。

・ダビングできないビデオテープがあれば、その分は料金請求なし。

・ダビング後の工場内データ消去を明記。

・品質管理と個人情報保護が徹底(ISO9001やISO27001を取得済み)。

・ダビング後のDVDにチャプターが設定されている。

・DVD盤面、DVDケースデザイン料込み。

上記の信頼性と10営業日の納期設定を考えると、料金は割安です。

ちなみに、ビクターを選んだ理由に上記をあげたということは、これができない業者があるということです。

ビデオデッキを年代ごとにそろえている

ビクター製ビデオデッキを年代ごとに取りそろえているのは大きいですね。ビデオテープを見て、最適なビデオデッキを選んでくれるそうです。

ヘッドと走行性によってビデオテープとデッキにも相性がありますから画質に違いがでます。古くなって中のテープが伸びていたりすると、相性が悪いデッキでは画質が極端に悪くなり、最悪まったく映りません。

サービス内容に比べて料金が割安

料金は本数によって変わりますが、ざっくり1本800円〜1,000円で計算しておけばいいと思います。

これはダビングサービスの中では、一見すると高くもなく安くもない平均的な料金設定です。ですが、もっと安いところがあっても、基本料金だけを安くしつつ、オプションで結局高くなるケースが多いです。そういう意味では、ビクターダビングサービスは割安だと思います。

特にDVDのラベル印刷料金など、体系がわかりにくいショップが多いので、全部込みのシンプルな料金体系は分かりやすくていいです。

何よりも、家族の記録映像は失敗すると取り返しがつかない部類のものなので、安心信頼を選びました。

もしトラブルになった時の交渉などの手間を考えると、料金差は微々たるものです。信頼できるところにさっさとまかせてしまった方が安上がりと判断しました。

ビクターダビングサービス工場の作業紹介

ビクターダビングサービスへ発注

上記のとおり考え尽くしてビクターダビングサービスを選んだのですが、一応まずはテストで6本だけ送ってみました。6本なのは送料無料(返送分)になるので。チキンのうえにせこくてすみません・・・。大量に送る方が1本あたり安くなるので、これが良かったら次はそうします。(※予想以上に良い仕上がりだったので、残り80本すべてビクターさんに依頼しました)

まずはビクターダビングサービスのサイトへ



ビクターダビングサービストップページの[お申し込みはこちらから]ボタンを押します。
ビクターでビデオテープからDVDへダビング!

依頼するビデオテープの本数を選んで「お申し込み」ボタンを押す。本数を選ぶプルダウンボタンの時点で料金が表示されています。親切ですね。

victordubbing1

 

映像が市販ソフト・放送映像ではないことの確認と利用規約への同意

victordubbing2

 

赤いお申し込みボタンを押して、続いて注文者情報を入力していきます。

victordubbing3

 

31本以上なら、ビデオテープお引き取りサービスが利用できます。詰めればいいだけの発送キットが送られてきます。私は今回6本なので自分で梱包します。「ビデオテープお引き取りサービスを利用しない」を選択。

victordubbing4

 

決済方法を選択。代引きかクレジットカードを選べます。

victordubbing5

 

「注文内容を確定」ボタンを押して完了です。

victordubbing6

 

ビクターダビングサービスにて注文を確認後、メールが届きます。メールにビデオテープの送り先が書いてありますので、そちらへ発送します。

ビデオテープの梱包と発送

さて次はビデオテープの発送準備です。適当な段ボール箱にビデオテープを入れます。

pack1

スキマを埋めます。ちょうどネットで家電を買ったあとだったので、緩衝材を再利用。なければ新聞紙でいいと思います。

pack2

ガムテープでとめて梱包完了です。

pack3

これは27cm×20cm×13cmの60サイズの段ボール箱でしたので、ゆうパック持ち込みが安いかな。ということで、買い物ついでに郵便局に行って発送してきました。いやー、自力でえっちらおっちらダビングしてたのと比べたら、えらいラクです。

翌日さっそくビクターダビングサービスから、ビデオテープが到着したとのメール連絡をいただきました。ここから10営業日=2週間以内に発送してくれます。

到着したらまた記事を書きます。

追記:到着しました!

DVDダビングを依頼していたビクターダビングサービスから、完成したDVDとVHSビデオテープの返却がありましたのでレポートです。 前回...




ビクターでビデオテープからDVDへダビング!

スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
VHSレスポンシブPC